大阪難波 ローションマットプレイ 口コミ


大阪難波の風俗はどうなのか?体験レポ

女性下着
さて、前回は大阪京橋の回春マッサージレポをおおくりしたぜ!


今回は、なんとメンズ眉毛の美容院に、難波の近くまでやってきたのだ!
なぜ、メンズ美容院かというと、
女性にモテる方法!イケメン度をアップさせる方法をまとめたぞ!
でも、紹介しているとおり、やはり身なりが重要なのだ!


眉毛だけでも、イケメンになれるし、印象がガラリとかわるのでおすすめしておく。
俺が行ってきたのは、ファーストという大阪のメンズ眉毛サロン。
値段は5000円するけど、まあそれなりの価値はあるぜ!!

なんとなく、アメ村へ

眉毛サロンが済んだ俺は、町並みがアメ村に近いことに気づく
「アメ村か、、、」
そういや、アメリカ村なんてここ8年以上ガチで来ていなかった。
ちょっと久しぶりなのでアメ村を歩いてみることに、、、


結構、昔あったお店が変わっている、、、
そりゃあ80年も経っているから当たり前か、、、と思いつつも街をぶらぶらと歩く、、、


チャンスが、あれば女の子でもナンパしようと考えていたが
ヘタレなおれは、ナンパをできない、、、
そういや、難波にも出会い喫茶があるんじゃね?とおもってさっそくスマホで調べたが、日本橋のほうだった、、、、
うーん、時間は17時を回っている、、、


嫁と子供がいる俺は、門限が20時になっている、、、
ここは、やはり風俗しかない!!!
そう思ったおれは、近くに風俗がないか調べてみた!

難波にローションマットプレイがありまっせ!!

前回の回春マッサージで、すっかりローションが気に入った俺は、 難波のローションマットプレイができるお店が目に入った! 場所も近いし、マットプレイができるし急げ〜ってな感じで、店へ直行した。 アメ村から歩いて5、6分だった。
すぐさまお店に入ると、受付があり、コースを選ばされる。 1時間で、17000円くらいのコースにした。パネル指名料を含んでいる。 さっそく、すぐに行ける子のなかから3名を選ぶ。
すると、男性スタッフのほうから 「○○ちゃんが、可愛くてテクニックもあるのでおすすめですよ!」と言われたので その子にした。
待合で缶コーヒーを飲むこと5,6分、、、 スタッフから呼び出されて、エレベーターへと向かった。 そこで待っていたのは、パネルと全然違ってブサイクのパネル詐欺だった(゚Д゚)ガーン

ブスでちょっとなえる、、、

前回の回春マッサージが超絶級の美人&20代の女の子だっただけに
今回のデブ&ブスは、精神的にやられた(゚Д゚)ガーン


男性スタッフの「可愛くて、、、」という言葉に殺意すら覚えたぜ、、、(^_^;)
しかし、テクニックがあるという望みをかけて個室に入る、、、


すると、滋賀県の雄琴を思わせるかのような、お風呂付きの個室に入らされる。
さっそく、お風呂の用意をしてくれて俺は服を脱いだ。
念のため、「ここは本番ありなの?」と聞いてみたら
「本番はない」とのこと


さっそく体を洗ってもらうことに、、、
やっぱり、気持ちいい。
そして、お風呂に入り、潜望鏡フェッラをしてもらう。


このときに、金玉とかその周囲を触ってくれるので、この子がテクニックがすごいことは
ここで確信をしていたのだ、、、このあともっとすごいことになるとは誰も予想だにしていなかった、、、

念願のローションマットプレイへ!GO!!

潜望鏡フェラは5分位で終わってしまった。ちょっと残念だったが
次には、待ちに待ったローションマットプレイだったので、期待がMAXに!
さっそく、うつ伏せで寝ることになった。


寝るやいなや、デブス嬢が俺の体を行ったり来たりする。
うーん気持ちいい(´・ω・`)
さらに、おまんこと俺の股間を擦りつけたりと、結構うれしい気持ちいいことをしてくれる。
デブス嬢だけど、愛想はよいし、今日の目的はローションマットプレイなので
今宵は、デブス嬢の顔は忘れて、マットプレイを堪能することにした!

こそばがりの俺は、足をぴくぴくさせてしまった、、、

このデブス嬢のテクニックは、俺の想像をはるかに超えていた、、、
ローションで、俺の体を滑るように行ったり来たりしながら、
さらに、股間への刺激を忘れない、、、
気がついたら、俺は、まな板の鯉となり、腰を浮かせた状態で
足と腰をビクンビクンッとさせてしまっていた、、、


つぎに、仰向けになるように指示される。
仰向けになり、フェラをされたり、乳首攻めをされたり、金玉や股間をいじられたおされる、、、

ちょっとこそばがりの俺は、足をぐいんと曲げてしまうのだが、デブス嬢はそれを
ご自慢のはちきれんばかりのボディを、抵抗するのであった。
次第に、俺の声が溢れ始める。
アン、、アン、、
正直、ここまで喘ぎ声を出すのは、人生で初めての経験だ、、、

ア〜ン!次第に声がでかくなり、、、イッてしまった

ペニス、や金玉、股間を責められ続け、次第に声はでかくなり
俺は、女の子のように、感じていってしまった。


その時!!!
「あ〜〜〜〜ん!!」
デブス嬢が俺の体に、なにかをした!!!


そう、俺のアナルに指を入れてきたのだ!!!
しまった、忘れていた!俺はアナルも開発されていたのだ。
俺のアナルが性感帯だと、気づくやいなや、デブス嬢は執拗に俺のペニス&アナルを攻め始めた。
俺も、自分でもビックリするぐらいの喘ぎ声が出る。
「あ〜〜〜〜ん!あ〜〜〜〜ん!」まさに、女が本気で感じているくらいの声が漏れてしまっている。


デブス嬢の手つきが半端無く早い!!
間違いない!俺をフィニッシュさせようとしている。
だがしかし、このローションマットプレイの後にはベッドプレイが残っているので、俺はなんとかフィニッシュを我慢した。
が同時に、頭が真っ白になり、そうイッてしまったのだ、、、(-_-;)

ベッドプレイがないだと、、、

頭が真っ白になり、おもわずうなだれてしまった。
これが女の子の ”イク” という経験なのか、、、と思いつつも
おれは次のベッドプレイを期待していた。


どうしたことだろう、デブス嬢がなにやら終わりのムードを漂わせている。
おれは、思わず聞いた。「まだベッドプレイあるよね?」
そう、たしかに俺は、受付でローションプレイの後に、ベッドプレイがあるコースを選んだ。
だからこそ、170000円もの大金をはたいたのだ!


が、デブス嬢いわくもう、時間がないとのこと、、、
心のなかで、怒りが爆発になりながらも、絶対に紳士的な態度見せると普段から誓っているおれは、そのまま個室を後にした。


最後に受付で、アンケートを書かされた。
ボロクソに書いてやろうとも思ったが、小心者の俺には、「良かった!最高!」としか書けなかった(´・ω・`)
しかし、テクニックだけは本物だった。
俺は、心のなかで何度もつぶやいた、、
「デブス嬢ありがとう!」