30代男がテレクラツーショットダイヤルをして3回目


テレクラ体験第3段

後ろ姿女性裸
さて、テレクラはやはり楽しいし、即日で出会える可能性を秘めているということを実感した俺は、また、マックスのツーショットカードを買いにいった。
今度は、最高額の1万円分!!


さっそく、適当な駐車場で会話を始める。
前回は、パソコンを車内に持ち込んでだったけど、今回はスマホに、なんとスカイプをインストールしていたのだ!!


なので、スマホからスカイプのアプリを立ち上げて、そこからテレクラにかける!!!
3回目となっても最初はやはり緊張する。


まず、4人目くらいで会えるとなったのだろうけど、向こうが「セックスはどんなのが好きなの?」と聞いてきた。
俺は、「だいたいSなほうかな〜」と答えると、切られてしまった。
「くそ〜両方いけるとこたえるべきだった!!」と後悔しながらも次!!!


8人目くらいで、わりと近場で会える子を発見!!!
でも、相手は「こんなにすぐに合う話になったのは初めて、、、大丈夫かな〜」といっている。


俺は、そんなの大丈夫といって、会う段取りを始める。
そして、前回のさきちゃんの出会えないという苦い記憶を思いだし「念のため俺の携帯を教えておくよ!」といったすると、これが相手をよけいに不安にさせてしまい、さよならされた!!!


もう、20人くらい話して、50代のババアとつながった。
俺は、正直50代でもなんの問題もない。だが、声が本当のおばさんのだみ声をしている。


だが、そのときのおれは、たくさんの女の子にフラレかなり精神的にまいっていたこともあり、50代なら確実に会えるだろう!!!と思って、会う約束をした。


場所は、京橋の地下鉄の降り口。


俺は、早く行って、ババアを遠くから確認して、もし無理だったら帰ろう!!ぐらいの気持ちで、張り込んでいた。


けど、それが悪かったのか15分約束の時間を過ぎても現れない、、、、
でも、あの声はやはりあっても相当キツイババアだと思っていたので、堂々と待ち合わせの場所で待つことはできなかった。


やはり失敗に終わる、、、


帰りに、京橋で2人の女の子をナンパするも撃沈、、、
心がボッキボキに折られながらその日は、帰路についた。。。


次⇒テレクラツーショットダイヤルやってみた第4段!